作業が重なった

今はは加温栽培と無加温栽培のシャインマスカットは満開です。大体は無加温栽培の揃えは加温栽培の揃えより良いです。春になると気温が高くなる。よく遅い作型が早くなる。満開のときにジベレリン処理をします。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

我慢

8年前にブドウ栽培の研修をした時に研修先から聞いた事の中では我慢です。自分でが出来ないとき相手は自然ときに少し我慢します。

暖冬ののために今年は加温栽培のシャインマスカットは揃えていません。でも雨よけ栽培のシャインマスカットは大丈夫そうです。今年は新型コロナウイルスのためにはみんな困っています。でも新型コロナウイルスの拡散を防ぐためにと身を守るために我慢します。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

カルシウム不足

シャインマスカットはカルシウムが必要です。カルシウムが不足すると葉の色と形が変わって光合成ができなくなる。若木の場合は枝の先端が枯れって成長が止まります。

今年は特に無加温栽培のシャインマスカットが3月からカルシウム不足は出ました。そのときからスーパーノルチッソをやっています。スーパーノルチッソは硝酸カルシウムの肥料です。窒素は16%とカルシウムは26%。点滴で肥料をやっています。窒素は20ppmとカルシウムは33ppmです。

草が増えています。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

開花初め

二番目シャインマスカットは開花初めです。花穂の肩から花が咲きます。天気が良いと満開は数日後です。このときに花切の作業が良いです。今年は加温栽培と無加温栽培のシャインマスカットは花穂の形が良いです。どして分からないです。形が良くないと房作りは大変です。

最近はポッピがよく見ます。このハウスの前と作業場でもポピーが咲いています。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

旧大社駅

作業が忙しいときは畑の近くでお弁当を食べます。時々出雲市大社町にある旧大社駅の駐車場で休みます。旧大社駅の場所はちょうど無加温栽培と雨よけ栽培シャインマスカットのハウスウスの間で両ハウスへのアクセスがとても良いです。

去年12月の夕方です

先日は駐車場の反対側はチューリプが咲いていました。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

花穂

無加温栽培シャインマスカットの花穂が伸びて大きくなりました。早い枝は加温栽培と同じぐらい成長をしています。今は天気が良いから数日後開花初めです。

ハウスの近くの道路に青い花が咲いていました。花はツルニチニチソウです。毎日ハウスに行くときにツルニチニチソウの前を通って見ます。青と緑色が好きです。光によって色が変わります。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

地下水質

定期的に点滴かん水設備のフィルターを掃除します。 水質はハウスの水源に依存します。 今回は無加温栽培のシャインマスカットでは砂と重鉱物に加えて有機物がありました。 おそらく、この帯水層には大陸堆積物が含まれています。

黒くて大きやつは有機物です

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

雨よけはあと少し

雨よけ栽培シャインマスカットはあとちょっと発芽です。毎年はだいたい4月上旬までは芽が出ます。今年は暖かいから芽の出るは早くなる可能性があります。

あと少し芽が出る

ハウスの近くの道路では花が並んでいます。夕方の良い天気まだ青空でした。

奥の道路標識は遅れた花に見えます。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

長浜神社

この前の日曜日は桜が満開でした。夕方がまだ明るかったけど風が冷たいでした。長浜神社の下が桜の木が真っ白くて美しいでした。一人での花見でした。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved

北山の裏

一年前からはシャインマスカットの栽培に加えて、作業場の土地の管理をしています。収穫を終わってから作業場をあまり使わないから天気が良いときにたまには窓を開けます。草刈の作業もあります。

草刈をしたときに北山が現れました。北山の裏は無限青の日本海が広がります。

北山も青いです。

©2015-2020 Edgar Pimiento All Rights Reserved